2016年9月26日Sep.26.2016

#EVENTS

第三回超人スポーツハッカソンレポート

[第三回超人スポーツハッカソン報告]
2016年9/25・9/26に日吉にて、第三回超人スポーツハッカソンが行われました。
ご参加いただいた超人スポーツクリエイターの皆様、誠にありがとうございました!
開発された新たな競技は5つ、以下にそれぞれを紹介いたします。
バブルランナーは水上で大型のバルーンにその身を包み、VR空間上を現実空間同様に走る競技でした。限られた現実空間内でもVRで広大な空間を移動できました。
会場ではサーフィン等への応用も予想されました。
Augmented Style 100m はUnity賞に選ばれました。
人間が4足で走ることができれば、これまでの限界を超えることができるのではないか、という発想から生まれた腕に拡張器具を装着し競争をするという本競技は、会場にて従来にない4足歩行での走行による身体性の拡張の可能性を示唆しているとの声も上がりました。
Wheelchair Shooting は優秀賞に選ばれました。
空気砲を備えた車椅子で相手プレイヤーに付属するポイントホールにボールを打ち、入ったボールの合計数を競いあう競技でした。
ユニバーサル性のみにとどまらず、競技自体の非常に優れたゲーム性が評価されました。
跳ホッピングは優秀賞に選ばれました。
空間上に備え付けられたゴムを用いて人間が従来不可能だとされた長時間での浮遊を可能にし、敵陣地のゴールに持ち球を入れ、その数を競いあう競技でした。
商業施設での応用やボルダリング等の既存スポーツへの応用も期待されています。
そして、最優秀賞は横方向への走行が可能な特殊電動車椅子を用いてマーカーを通りながらレースを行うスライドリフトに送られました。ユニバーサル性のみならず、既存の車椅子を塗り替える可能性などが強く評価されました。

#EVENTS 一覧

2020.10.26

Superhuman Sports Grand Challenge in 2020

2020年11月3日(火/文化の日) 超人スポーツ協会は,実質現実空間を会場に,身体を拡張するテクノロジーを身 […]

#EVENTS

2020.07.29

超人スポーツ公開ミーティング vol.2 スポーツを超えて

  データスタジアム,遠隔観戦,フィジカルe-sports,。 技術はこれまでスポーツを拡張してきま […]

#EVENTS

2020.06.25

超人スポーツ公開ミーティング vol.1 どうなる!?2020の超人スポーツ

世界大会実施予定年だった2020年,新型ウィルス関連の出来事は我々超人スポーツ協会が模索する新たな身体のあり方 […]

#EVENTS

2020.02.16

2019年度 岩手発・超人スポーツ開発PJ 発表会

2020年2月15日,イオンモール盛岡イーハトーブ広場を舞台に,2019年の岩手発・超人スポーツのお披露目が行 […]

#EVENTS

2019.12.09

Superhuman Sports Grand Challenge について

(※本計画は,新型ウィルスの影響も加味し,よりよいあり方を考えてます。) 一般社団法人超人スポーツ協会 超人ス […]

#CREATION#EVENTS#GAMES

CLOSE