#10

車椅子の方は投球時に上半身の力しか使えず、健常者と比べて球速が遅くなってしまう点に我々は着目しました。車椅子ボールシューティングは、腕で球を投げる代わりに、空気で球を射出する機構を活用し、車椅子の方と健常者が対等にできる球技を目指しています。1対1の対戦形式で、選手全員が車椅子に乗り、空気砲で球を敵頭上のネットにどれだけ入れるかを競います。

開発者
  • 岡村 尚美
  • 中山 明
  • 川村 康二
  • 庄子 啄郎
  • 犬飼 博士
  • 寺野 慎太郎

認定競技一覧